greensheetking

グリーンシートニュース

〜グリーンシート関連ニュースブログ〜

お知らせ

12 10月

PaaS・IaaS市場規模、2011年は倍増、2015年には640億円規模に〜ミック経済研究所(クラウドWatch)

2011/10/12、クラウドWatchより全文引用
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20111012_483075.html

 情報・通信分野専門の市場調査事業を手掛ける株式会社ミック経済研究所は10月12日、PaaS・IaaS市場と業務系SaaS市場の2市場の動向を調査したマーケティングレポート「業務系SaaS / PaaS・IaaS市場の現状と展望 2011年度版」を発刊すると発表した。

 同レポートは今年6月から8月にかけて調査を実施。PaaS・IaaS市場のほか、業務系SaaS市場を7つのサービスカテゴリーに分け、2015年度までの市場規模を予測している。成長著しいPaaS・IaaS市場については、国内の主要PaaS・IaaSベンダーに取材し、売上高推移や市場成長率、事業戦略について調査、集計・分析を行った。

 レポートによれば、2011年度のPaaS・IaaS市場は市場規模322億円、2010年度の市場規模166億円から対前年比194%とほぼ倍増となる見込み。PaaS・IaaS市場は今後もきわめて好調に成長を続けるとして、2011年度から2015年度までのCAGR(Compound Average Growth Rate;年平均成長率)は31%、2015年度の市場規模は640億円まで拡大すると予測する。

 2010年度のPaaS・IaaS市場の売上高シェアトップはNECで、2位富士通、3位日本IBMの順だったが、2011年度のPaaS・IaaS市場は、2010年度シェア2位だった富士通が急激に売上を伸ばし、2010年度シェアトップのNECに迫りつつある。

 PaaS・IaaS市場を牽引しているNEC、富士通など大手ベンダーは、既存顧客企業の基幹システムのクラウド基盤移行を推進することにより、PaaS・IaaSの売上を大きく伸ばしている。

 新規参入ベンダーも、2009年度の10社ほどから、2011年度には20社以上に倍増。最近は準大手〜中堅のPaaS・IaaSベンダーの市場参入も増え、今後ますますPaaS・IaaS市場は活発化すると予測する。また、PaaS・IaaSの既存ユーザー内でも、開発部門や情報システム部門による一部での導入から、エンドユーザー部門へと導入が広がっているほか、段階的な導入の手順を踏まずに、最初から全社導入を前提とした案件が増えているという。

 ミック経済研究所のマーケティングレポート「業務系SaaS/PaaS・IaaS市場の現状と展望 2011年度版」は、A4版(ファイル製本)で全704ページ。価格はハードカバー版19万9500円、CD-ROM版39万9000円、ハードカバー版とCD-ROM版のセットは56万7000円。
7 10月

ミック経済研究所、デスクトップ仮想化市場動向の調査結果を発表(日本経済新聞)

2011/10/07、日本経済新聞より全文引用
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=293545&lindID=1

【デスクトップ仮想化市場、2011年度28.9%増の679.7億円。2015年度には、年平均成長率19.4%増で1,251億円市場に】

〜大手企業の全社導入に向けての動きが、震災後のBCP対応策として更に加速〜

 情報・通信分野専門の市場調査機関である株式会社ミック経済研究所(本社:東京都港区、社長:有賀 章)は、シンクライアントを含めたデスクトップ仮想化市場の動向を調査し、その結果をまとめたデータを2011年10月7日に発表しました。

 本調査は、主要ITベンダー、SIベンダー47社に対して、シンクライアント(※1)ならびにデスクトップ仮想化技術を活用したITソリューション案件に伴う、ハードウェア/ソフトウェア/構築サービス/保守・運用サービス及びDaaS(※2)の提供を「デスクトップ仮想化ソリューション」と定義して主に面接方式で調査し、2009年度から2010年度の現状と2011年度の見込み、更に2015年度までの予測及び詳細分析を試みました(調査期間:2011年6月〜2011年9月)。

 ※1シンクライアントとは、ユーザーが利用するクライアント端末に必要最小限のデータ、記憶領域のみを持たせ、ほとんどの処理をサーバー側に集中させて管理、利用するシステムの総称です。

 ※2 DaaSとは「Desktop as a Service」の略称で、上記のシンクライアントシステムを自社の資産で導入することなく、月額または年額の利用料を支払うことで提供するサービスのことを指します。


【デスクトップ仮想化市場の市場規模推移】

 今回調査したデスクトップ仮想化市場の、システム構築を含めた市場規模は、2010年度実績が前年対比121.2%の527.1億円強、2011年度は前年対比128.9%の679.7億円の見込みとなりました【図表1,2参照】。それ以降についても高い成長率を維持し続け、2015年度には、1,251億円市場となると予測されます。2011年度から2015年度までのCAGR(年平均成長率)は、19.4%となる見込みです。

【デスクトップ仮想化市場の成長要因と今後の課題】

 この成長の要因は、大手企業において全社導入、もしくは将来的な全社導入をにらんだ導入が増えたことが挙げられます。加えて今年3月に発生した東日本大震災以降、テレワーク環境構築を含めたBCP(事業継続計画)対応策としての需要から、導入スピードが加速しています。

2011年度は従来からの継続でセキュリティニーズから28.9%増。更にBCP対応策としてのニーズは、2011年度に検討・案件化、2012年度以降に導入されるケースが多くなると予測されます【図表3参照】。

 また2012年度、2013年度は、クライアントOS「Windows XP」が2014年4月をもってサポートが終了となる予定であることに伴い、クライアント環境のリプレースを進める際、社内で利用する端末として通常のPCではなくシンクライアント専用端末を検討する機会が増えることが見込まれ、更なる市場の拡大が予測されます。

 今後の課題としては、仮想環境を利用する上で必要となる、Windows VDA(Virtual Desktop Access)ライセンスを始めとする仮想環境上でのライセンス価格が、初期導入コストに占める割合が高いことが挙げられ、初期導入コストを抑えるという点で優位性のあるDaaS市場においては大きな阻害要因となっています。また、クラウドソリューションを含めた仮想化環境の急速な普及のため、仮想化技術に精通している人材が充分に育っていない、という課題も浮かび上がってきています。

 なお、上記データは、下記のマーケティングレポートに詳細を記しております。

 レポート名:「シンクライアント&デスクトップ仮想化市場の現状と将来展望 2011」
 上記マーケティングレポートの体裁は、A4版579頁のバインダー製本(集計・分析編と主要47社個別企業個票を収録)で、価格は199,500円(税込)です。(CD−ROM版399,000円もご用意しております)
中山圭太郎








運用:中山圭太郎



トラックバック
コメント
グリーンシ−ト銘柄
QRコード
QRコード
記事検索
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ