greensheetking

グリーンシートニュース

〜グリーンシート関連ニュースブログ〜

アインザ

8 9月

IT企業のサテライトオフィス誘致 美波・神山で実験開始(徳島新聞)

2011/09/08、徳島新聞より全文引用
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/09/2011_131544539871.html

 徳島県が東京のITサービス会社「アインザ」と連携し、県内の過疎集落にIT企業のサテライトオフィスを誘致するプロジェクトの実証実験が7日、美波町と神山町で始まった。

 美波町では、伊座利地区で地元住民が運営する「イザリCafe(カフェ)」の2階宿泊施設に仮オフィスが設けられた。アインザの社員らが11日まで既設の光ファイバー通信網を活用して業務を行う。

 この日は、アインザの今井勉社長(42)ら3社の8人が地区に入った。実験開始を前に、住民6人との意見交換会があり、今井社長が首都圏の企業で従来の働き方を根本から見直す機運が強まっていることなど、プロジェクトの趣旨を説明。「自然豊かな環境でこれほどブロードバンドが整っているところはない。地域との交流から新たなビジネスが生まれる可能性もある」と話した。

 東京の本社とインターネットを通した会議の様子も披露した。

 意見交換に参加した地元の富田一利さん(57)=建設業=は「地域と会社の両方にメリットがあると感じた」と話した。

 神山町では、下分の古民家に、東京の「ダンクソフト」の5人が仮オフィスを構えた。17日まで滞在し、会議などで長時間ネットが使えるかどうかなどを検証する。

 実証実験には、アインザの呼び掛けに応じた10社約20人が参加。美波町や神山町のほか、上勝町、三好市、美馬市で20日まで実験を行う。
【写真説明】サテライトオフィスを開設し実証実験の準備を進めるアインザの社員ら=美波町伊座利
1 9月

IT活用し限界集落再生へ 県、企業・有識者らで検討委(徳島新聞)

2011/09/01、徳島新聞より全文引用
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/09/2011_1314840985.html

 徳島県は31日、65歳以上の高齢者が住民の半数以上を占める「限界集落」対策を考える「とくしま集落再生プロジェクト検討委員会」を発足させた。県庁で初会合があり、既設の光ファイバー通信を活用した古民家などへのサテライトオフィス誘致や、多機能携帯端末を使った安否確認サービスの導入など、委員から具体的な提案が相次いだ。検討委は来年1月をめどにプロジェクト案を取りまとめる。

 検討委は地域の活性化に取り組むNPO法人や市民団体、市町村、企業、大学などの関係者21人で構成。この日は全員が出席した。

 サテライトオフィスの誘致は、ITサービス会社「アインザ」(東京)の今井勉社長=阿南市出身=が提案した。県が紹介する古民家などに、通信を使って業務ができるIT企業のオフィスを誘致。本来の業務に加え、ITツールを使って地域情報を発信することで集落の活性化を図る新たなビジネスモデル創出も期待できると説明した。

 安否確認サービスを提案したのは、徳島市内で大規模コールセンターを手掛ける「テレコメディア」(東京)。集落内世帯とセンターを通信で結び、安否確認や定期的なコミュニケーション、通販などの自社サービスを提供する構想で、県内の限界集落で近く試験運用する方針という。

 このほか「古民家に興味を持つ若い世代はかなり多い」「田舎の本当の価値を集落の住民が認識することも必要」といった意見も出た。

 県内では、限界集落が全集落の35・5%を占めており、全国平均15・5%の2・3倍と深刻な状況に陥っている。飯泉嘉門知事は冒頭のあいさつで「限界集落は日本全体に広がっている。有効な解決策を徳島から発信してほしい」と呼び掛けた。
中山圭太郎








運用:中山圭太郎



トラックバック
コメント
グリーンシ−ト銘柄
QRコード
QRコード
記事検索
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ